2016年08月26日

なぜ肥満じゃいけないの?

こんにちは!

今日は太っている事のデメリットの事を記載致します。
まず、誰もが最初に思いつくデメリットは見た目のカッコ悪さです。
痩せすぎも‘カッコが悪いですが、お腹がつかえて床に落ちた物すれ拾えなかったり、女性なのに
足を閉じて座れなかったりするほど太っている状態は、やはり美しいものではありませんね。
太った体で人前に出るのは恥ずかしいとひきこもり気味の方が多いようですが、それでは
人生楽しくないでしょう。
せめて日常生活が支障なく送れて、ためらう事なく人前に出られる体型にしてみませんか?

その他のデメリットは体重の重みで膝や腰に負担がかかり、整形外科的な合併症を
引き起こしやすくします。膝や腰に負担がある場合歩くだけでも辛いですね。

さらに、警告したいデメリットは
糖尿病・高血圧・脂質異常症・脂肪肝など悪化すると命にかかわるような内科的合併症
を引き起こす確率が高まります。
なぜ、肥満になるとこうのような病気が起こりやすくなるかと言いますと、生活習慣病を
誘発する多種類のホルモンが分泌されてる事が分かってきたそうです。
これらのホルモンの多くは皮下脂肪より内臓脂肪から大量に分泌される事もわかっている為
ウエストサイズは男性なら85cm以上・女性なら90cm以上だった人は内科的な合併症を
引き起こす危険性がとくに高いそうです。

ただ、単に痩せるのではなく健康的に美しくがテーマの「ポーレヴォ」を使用して、いつまでも
健康な体で居られるようにダイエット頑張ってみませんか?
「からだにいいこと」の健康雑誌8月号にも掲載されてます。良かったご覧くださいね。
karakoto8.jpg

さらに詳しい美容痩身機器ポーレヴォはこちら




posted by スタッフ at 11:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満専門医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。